トップ > BCP対応

Facilities for BCP

BCP対応

安定地盤の上に高度な耐震技術を凝縮し、
最高水準の耐震性能を実現。

震度6強クラスの地震発生後でも、ビルの機能維持を目指した耐震設計基準を採用。
構造体を無被害にすること、また構造体の変形をより抑えることを目標に、
【一般の超高層建築物に求められる性能の1.5倍の耐震性能】を実現しました。

耐震性能と建物損傷レベルのイメージ

耐震性能と建物損傷レベルのイメージ図

さらに現行の建築基準法で求められている地震波の1.5倍の地震動レベル(震度7クラス)の地震に対しても
構造耐力上の安全性を確認しています。

履歴系と粘性系の2種類の制震部材を採用した
【ハイブリッド制震構造】

鉄骨断面の中に高強度コンクリートを
充填した【CFT柱】の採用により、建物の強度と堅さを強化。
更に、コアフレーム内への【制震ブレース】【制震壁】の設置、
外周フレームへの【制震間柱】の設置など、
履歴系と粘性系の2種類の制震部材を採用した
【ハイブリッド制震構造】により、
極めてハイレベルな耐震性能を確保します。
また強風時や微小地震時には、
屋上に設置した【制振装置(ATMD)】により、
揺れを最小にとどめ、快適な居住性を確保します。

事業継続計画(BCP)の実現をバックアップする各種設備。

優れた耐震性能に加え、受電方式に3回線スポットネットワーク受電方式の採用、
非常用発電機の実装、その他 防災設備によって、事業継続計画(BCP)の実現をバックアップします。

(1)3回線スポットネットワーク受電

受電方式図

(2)非常用電源

テナント用非常電源としてビル実装非常用発電機より総計 1,000kVA 供給可能。(オプション対応・複数テナントでのシェア利用)
また、テナント専用発電機及びオイルタンク設置スペースを確保しています。

ビル実装非常用発電機図
非常用発電機image

非常用発電機

(3)その他 防災設備

  • 緊急地震速報の全館放送
  • エレベーターの自動最寄階停止機能
  • 仮設トイレと敷地内井戸
  • 防災資機材と非常食などを備えた防災備蓄倉庫
    ※主に、ビル係員が円滑な救出救護活動を実施する為の備蓄品となります。

仮設トイレimage

仮設トイレ

防災備蓄倉庫image

防災備蓄倉庫


ページ上部へ