• ホーム
  • NEWS
  • 会社概要
  • 事業紹介
  • 採用情報
  • お問い合わせ
ENGLISH
ホーム > 会社概要 > 社長挨拶

社長挨拶

不確実性の高い社会経済環境の中で、事業基盤を整理・強化すると共に、新たなビジネスチャンスを獲得する時期と位置づけています。

森トラストグループ、新たなステージへ

新たな都市の価値を創造してきた

森トラストグループは、森トラストと森トラスト・ホテルズ&リゾーツを中核に、60年以上にわたって、日本の都心部での大型複合開発や主要リゾート地でのホテル開発・運営を手掛けてきた企業グループです。
グループの歴史を紐解くと3つのステージに分けられ、各ステージで時流に先駆けた新しいビジネスモデルを創造することで、企業グループとして安定的な成長を実現してまいりました。

森トラスト株式会社 代表取締役社長 伊達 美和子

第1のステージ では、民間初の大型複合再開発『アークヒルズ』などを手掛ける、祖父・森泰吉郎が創業した森ビルグループの中で、中短期の複合開発事業を担うとともに、父・森章が日本初の法人会員制倶楽部『ラフォーレ倶楽部』を創業し、不動産やリゾート開発における新しいビジネスモデルの創造を行いました。
第2のステージ は、森章が森トラストの社長を継承した1993年以降と位置づけています。バブル崩壊後の深刻な経済不況の中で、強い財務基盤を整えるとともに、業務提携などによる事業領域の拡大や、REITの組成・上場などを通して、競争力のある企業グループを形成してきました。
第3のステージ では、主軸となる不動産事業とホテル事業が業界有数の規模に成長したことを受け、これまで蓄積した経営資源や事業ノウハウを活用し、丸の内や汐留などで、東京の国際競争力強化に資する高級外資系ホテルを複合した大型開発を手掛けるなど、不動産・ホテル&リゾート・投資の3事業を主軸に事業を発展させてまいりました。

企業DNAを継承し、第4ステージ始動

当社グループは、これまでにない新たな都市の価値を創造することによる社会的貢献を目標に据えています。「創意工夫と試行錯誤による発展と改善の繰り返し」を行い、生産性向上による体質強化を重視し事業を展開しています。これは、祖父の経営理念であり、父も事業を手掛ける上で常に大事にしてきたことです。

そして、2016年にスタートする第4ステージでは、この理念からぶれることなく、選択と集中による資本投下を行い、業務の適正な舵取りを行っていくことが私の使命と考えています。強固な基盤づくりを行うとともに、時代の変化に呼応したその先のイノベーションを念頭に、不動産・ホテル&リゾート・投資 の3事業をより一層推進してまいります。

昨今、不動産を取り巻く環境は大きな変革期を迎えています。日本の不動産市場は、治安の良さやインフラの整備率を含め、世界トップクラスといえる安定性を持つことを背景に、ここ数年で海外からの投資も活発化しています。観光業では、2015年度に訪日外国人数が初めて2,000万人を超え、国内外の旅行客も、東京・大阪を中心とした主要都市部の観光から、全国各地に点在する魅力的な観光資源保有地への回遊が進んでおります。こうした流れを受け、都心部だけではなく地方リゾート地において、アセットとしてのホテルの魅力が高まりつつあることも特筆すべき時代の潮流といえましょう。グローバル化する投資や人の受け入れ体制の整備は社会的要請となっており、不動産・観光産業におけるグローバル化も急務の課題となっています。

事業展開~グローバリズムへの対応とイノベーション~

不動産開発事業において、当社グループは『丸の内トラストタワー本館』の開発計画で、東京都心部におけるグローバルホテルの必要性をいち早く提言し、2005年に東京都心地域初の「都市再生特別措置法に基づく都市再生特別地区」の都市計画決定を受けました。その経験をさらに進化させ、『虎ノ門トラストシティ ワールドゲート』の開発計画では、生活面・医療面・ビジネス面など多方面で、新しい外国人サポート機能やシステムを提案し、2015年に初の「国家戦略都市計画建築物等整備事業」として認定されています。グローバリズムへの対応を見据え、従来のハード型都市計画の枠組を超えた、新たな都市開発を実現していくこととなります。
また、虎ノ門と赤坂エリアの結節点に位置する『(仮称)赤坂二丁目プロジェクト』のほか、将来リニア中央新幹線の開通や、山手線新駅の構想を控え、注目が集まっている品川・三田エリアでも新規開発計画を検討しています。『虎ノ門トラストシティ ワールドゲート』を含め、これらの計画は、2020年東京五輪後の未来像を見据えた、延床面積計約60万m2の大型複合開発です。
将来性のある立地の価値をさらに高め、グローバル化する東京を象徴する計画の実現を目指してまいります。
ホテル&リゾート事業においては、日本のディベロッパーとして早期からホテル事業の重要性に着目し、長年にわたり多様なホテル運営で培ってきたノウハウを活かし、ホテル開発事業を積極化しています。
日本が持つ秀麗な文化と国際基準のサービスの融合などソフトイノベーションによる新たな価値を創造し、世界に日本の魅力を発信するとともに、拡大するインバウンドに対応するプロジェクトを推進し、観光産業のグローバル化に貢献してまいります。
さらには、日本の観光の未来を信じ、我が国の観光先進国化の一助になるべく、これまで不動産ディベロッパーが踏み入れていない事業領域にも、ホテル事業の新たなビジネスモデルを構築し、積極果敢に取り組みたいと考えています。
投資事業においては、日本のホテル投資市場の活性化に貢献すべく、森トラストと森トラスト・ホテルズ&リゾーツがスポンサーとしてハード・ソフト両面でサポートする、当社グループのDNAを継承した新しいホテル特化型リート『森トラスト・ホテルリート投資法人』の上場を計画しています。また、今後は海外への投資も積極的に推進していきます。

世界が愛する日本
世界に誇れる東京メトロポリタン

グローバル社会の一員として、世界に誇れる事業を推進していきたいと思います。

森トラスト株式会社 代表取締役社長 伊達 美和子

Page UP