• ホーム
  • NEWS
  • 会社概要
  • 事業紹介
  • 採用情報
  • お問い合わせ
ENGLISH
ホーム > 森トラストグループの防災・環境への取組み > 取組み01:防災性能の強化
森トラストグループの防災・環境への取組み

取り組み_01 防災性能の強化

仙台や東京での震災の経験を通じて、2011年9月8日に防災宣言を策定し、建物のハード面やソフト面の検証、改善項目および取組方針を明確化。
東日本大震災で高い効果を発揮した、森トラストグループの「グリッド型BCP※1」の更なる強化に取り組んでいきます。

防災宣言(2011.09.08)

震災の経験を活かし、防災宣言を策定。災害時のBCP・DCP※2を実現していきます。

■耐震性の向上 ■非常時の電力確保 ■非常時の通信確保 ■非常時の水源確保 ■エレベータの安全向上 ■帰宅困難者対応 ■備蓄品/情報の提供

グリッド型BCPの強化

三拠点体制のもとで各エリアの基幹施設を核とした群管理

グループ運営施設を、東京・仙台・大阪の三拠点体制のもとで、各エリアの基幹施設を核としたグループに分けて群管理を行い、各グループをグリッド状にネットワーク化することで、情報の明確化・一元化を可能とすると同時に、有事の際の対応スピード向上や代替対応への柔軟性を確保しています。

グリッド型BCPを支える体制
物的整備・人的整備・システム整備

森トラストグループならではの「グリッド型BCP」は、平時から災害時を想定した、運用を支える「物的整備」、実効性を高める「人的整備」、適切に起動する「システム整備」を推進し、これらを相互補完させ合うことによって、機能を高めています。

グリッド型BCPを支える体制
物的整備
耐震技術の導入

仙台MTビルの「ハイブリッド免震構法」

  • 主要ビルにおいて最先端の耐震技術を導入する
      ことで防災性能を強化


    <導入事例>
    制震構造:虎ノ門2丁目タワー、東京汐留ビルディング、
            丸の内トラストタワー、仙台トラストタワー
    免震構造:仙台MTビル、ザ・レジデンス一番町

バックアップ用インフラの設備

京橋トラストタワーの非常用発電設備のオイルタンク

  • 最大1週間の運転を想定した非常用発電機整備
  • 非常用飲食料、仮設トイレ等、防災備蓄の拡充
  • 震災井戸の追加及び水槽周りの強化
  • 電気自動車等の非常用活動手段の確保

人的整備
社員の技術向上

帰宅困難者対応訓練

  • グリッド型BCP実践訓練の定期実施
  • 救命技能認定証の全社員取得義務化
  • 災害宿直制度等の非常時対応の充実化
  • 災害時マニュアルの整備と社員への徹底

システム整備
非常時を想定した組織・通信網及び運用システム

震災対策本部 Web会議システム

  • 震災ポータルの設置による非常時の情報共有体制の強化
  • 安全確保のための緊急地震速報システムの整備
  • Web会議システム、専用通信回線の設置等による遠隔地との通信網の整備
  • 災害対策本部の効率的な運用による初動対応の迅速化

※1 BCP:
Business Continuity Plan(事業継続計画)。企業が自然災害・大火災・テロ攻撃などの緊急事態に遭遇した場合において、事業資産の損害を最小限にとどめつつ、中核となる事業の継続あるいは早期復旧を可能とするため、平時に行うべき活動や緊急時における事業継続のための方法・手段などを取り決めておく計画のこと。
※2 DCP:
District Continuity Plan(地域継続計画)。災害時に地域ぐるみで事業継続を図る考え方で、行政や企業同士の連携・協力により、BCPの考え方を地域全体に広げたもの。

Page UP