• ホーム
  • NEWS
  • 会社概要
  • 事業紹介
  • 採用情報
  • お問い合わせ
ENGLISH
ホーム > 森トラストグループの防災・環境への取組み > 取組み02:環境性能の強化
森トラストグループの防災・環境への取組み

取組み_02 環境性能の強化

土地が育んできた自然を、最新の都市機能と融合させることで、都市と自然が共生する持続的な街づくりを目指します。

省エネ

環境負荷を低減させる街づくり

  • 土地が育んできた自然を活かした、敷地内緑化・屋上緑化・壁面緑化
  • 太陽光パネル等の設置

環境に配慮した先進的技術の採用

  • Low-Eガラス等による空調負荷を低減する外装計画
  • LED照明の導入や自然採光による照明エネルギーの低減
  • エネルギーの見える化などによる省エネルギー計画の運用

環境負荷の低減に向けた活動

  • ライトアップやネオンサイン、外構部照明の消灯、減灯、点灯時間の短縮
  • エネルギー使用量削減を目指したテナントとの意見交換等の取り組み

丸ノ内トラストシティがDBJ Green building認証(※3)の最高ランク「5つ星
」獲得

CASBEE不動産マーケット普及版における初の認証 4棟のビルで最高評価「Sランク」を取得

※3 DBJ Green Building認証制度:
株式会社日本政策投資銀行が環境・社会への配慮がなされた不動産(以下、「GreenBuilding」という)に関する取組の支援を目的に、ビルの環境性能に加えて、不動産を取り巻く様々なステークホルダーからの社会的要請への配慮等を含めた総合評価システムに基づき、現在の不動産マーケットにおいて求められるGreen Buildingを選定・認証するもの。

※4 CASBEE不動産マーケット普及版:
国土交通省の主導による建築環境総合性能評価システム「CASBEE」を基にした評価手法の一種。不動産マーケットでの普及を目的に、従来の「CASBEE」と比較して、市場関係者への分かりやすさ、使い勝手の良さ、国際的指標との評価互換性などを考慮して新たに開発されたもの。

Page UP