5つの防災対応により、企業の事業継続計画(BCP)を強力にバックアップ。

京橋トラストタワー 事業継続計画(BCP)

※主にビル係員の円滑な災害復旧活動の支援を目的としており数に限りがあります。

一般の超高層建築物に求められる耐震性能の1.5倍の性能を実現。

京橋トラストタワー 耐震性能

震度7クラスの地震(現行の建築基準法で求められている地震波の1.5倍の地震動レベル)に対して、構造耐力上の安全性を確認しています。震度6強クラスの地震発生後においては、建物の機能を維持し、継続使用が可能です。また、地盤調査等の結果から、液状化の可能性が低い地盤に位置していることを確認しています。

京橋トラストタワー 耐震性能

平常時の8割をカバーする大容量の非常用発電機を装備。

一般的なオフィスビルには例を見ない、最大で平常時電力需要の約8割をカバーする大容量の非常用発電機を実装しています。エレベーター・トイレなどの共用部だけでなく、テナント専用部への電源供給も見込んでおり、なかでもパソコンなどのOA電源は平常時と同等の容量を供給可能です。さらに長期停電に備え、約1週間※1の電源供給が可能な計画としています。

※1 首都直下地震の電力復旧の見通しはおおむね一週間程度とされています。
出典:「東京都における直下地震の想定に関する調査報告書」

京橋トラストタワー 停電時の電力供給状況

震災時のビルを診断する建物モニタリング診断システムを搭載。

5~6階毎に設置されたITスマートセンサが地震の揺れを感知し、地震時の建物躯体をリアルタイムに診断。
建物の構造的な安定性を即時に評価することで、被災時のより早急な対応や二次被害の防止・抑制への取り組みにつなげます。

京橋トラストタワー 電力供給想定

京橋トラストタワー ELV安全機能 京橋トラストタワー
地震を感知するとエレベーターは振れの大きさに応じた管制運転を開始し、ELV利用者の避難を促すため最寄階に安全に停止します。
京橋トラストタワー 防災井戸
雑用水(トイレ洗浄水など)の確保に加え、飲用可能にする高度濾過処理装置を装備します。また災害用仮設水洗トイレも設置可能です。
京橋トラストタワー 備蓄倉庫

非常用食料・飲料水から医薬品・毛布など※2、在館者の活動をサポートします。

※2 主にビル係員の円滑な災害復旧活動の支援を目的としており数に限りがあります。

京橋トラストタワー